DMC広島

Programs for experiencing Hiroshima広島体験プログラム

それぞれのプログラムが体験メニュー化しております。詳しくはDMC広島までお気軽にお問い合わせください。

とうろう流しLantern Floating Experience

広島では、第二次世界大戦後間もなく原爆で親族や知人を失った遺族や仲間たちが「供養」と「復興」を願い手作りのとうろうを川に流したのが始まりと言われており毎年8月6日に「とうろう」が流されるようになりました。
「ヒロシマ体験イベント」の一つとしてこのとうろう流しを通じて、今、ある自分の存在価値と世界の恒久平和のためにひとりひとりの想いのこもったピースメッセージを広く世界へ発信して頂けることを願います。

奉納『千羽鶴』Thousand paper crane Dedication

被爆した佐々木禎来さんの死をきっかけに「原爆で亡くなった子どもたちの霊を慰め平和を築くための像をつくろう」という運動が始まり、全国からの募金で平和記念公園内に「原爆の子の像」が完成しました。 その後、この話は世界に広がり、今も「原爆の子の像」には日本国内をはじめ世界各国から折り鶴が捧げられます。

献花Floral Tribute Ceremony

8月6日平和記念式典では、原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈念するため平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に参列者による献花が執り行われます。

プログラム実施場所

プログラム実施までの流れ

  1. お問い合わせ

    主催者名、担当者名、希望予定日、希望時間、人数などをメールでお問い合わせください。
    お問い合わせは希望日の40日前まで可能です。

  2. 実施可否のお知らせ

    ご担当者様宛に、実施可否のご案内とお見積書をお送りさせていただきます。

  3. 実施確定

    確定後、ご請求書を発行いたしますので、実施1ケ月前までに指定口座へお振込みをお願い致します。

  4. 実施当日

    事前のお打合せで確定した集合時間にお集まりください。

とうろう流し体験モデルケース

18:20 集合  
18:30 とうろう流しの解説 とうろう流しはいつ頃から、どんな経緯で始まったかなど解説します。
18:35 ピースメッセージ記入
とうろう組立
皆さんに平和への想いを綴って頂きます。
18:50 点火式 全員のとうろうに点灯します。
18:55 記念撮影 各々製作した灯ろうを持って頂き原爆ドームを背景に記念写真を撮影します。
  放流ポイントへ移動  
19:00 とうろうを流す  
  終了  
  ※とうろう回収 環境保護のため、順次スタッフが回収します。

モデルケースの費用

名称 数量 単位 単価(円) 金額(円)
組み立て式とうろうセット 30 500 15,000
事前準備手続き費用 1 80,000 80,000
テーブル 5 2,000 10,000
いす 30 300 9,000
小計 114,000
管理費15% 17,100
合計 131,000
消費税8% 10,488
合計費用 141,488

株式会社DMC広島

所在地: 〒730-0805 広島県広島市中区十日市町1-4-19
電話: 082-532-7255

お問い合わせ

ページのトップへ